アトピー

アトピーだけど美容室で白髪染め出来る?安心して染める為のポイント4選

アトピーで肌が弱いと美容室で髪を染めるのも本当に大変ですよね。
でもだからといって白髪をそのまま放置なんて…絶対に嫌じゃないですか?

私自身も子供の頃からアトピーなうえに、20代の頃から若白髪に悩まされてきました。

30代後半となった今は、月1で白髪染めをしています。
もちろん頭皮も敏感肌なのでかなり負担がかかっている事でしょう。

だけど美容室の白髪染めで一度も、皮膚科にかけこむような肌トラブルは、起こしていません。

樹里
樹里
アトピーでも気を付けるポイントを抑えれば美容室で白髪染め出来るよ

同じように白髪に悩んでいるけど、美容院で染めるのが怖いアトピーの人は沢山いると思います。
この記事では私が白髪染めをする時に、実践している方法をご紹介します!

※あくまでも個人の体験になります

アトピーでも美容室で白髪染め出来る?

結論から言えば、アトピーの症状が軽症か頭皮に湿疹がない状態なら、白髪染め出来る可能性が高いです。

樹里
樹里
でも、アレルギーは何が引き金となって発症するか、分からないのが怖いところだよね

はかせ
はかせ
そうですね。症状の度合いも人によって感じ方が違いますしね

アトピーの症状が軽度といっても、なかなか伝わりにくいですよね。
私のアトピーの状態を記しますので、参考にしてみてください。

  • 頭皮は一か月に数回ほどステロイドを塗っている
  • 夏場は汗をかくと首~生え際にかけて痒くなりやすい
  • 頭皮に目立つ湿疹や頭皮が赤くなる炎症はない
  • 顔と首はプロトピックを塗れば症状はすぐ収まる(化粧が出来る状態)

 

美容室で染める前に皮膚科で頭皮を診てもらう

まずはいきなり美容室で白髪染めをする前に、皮膚科で頭皮の状態を見てもらいましょう。

体や顔の湿疹は気にしても、意外と頭皮まで気が回らない事ってありませんか?

自分でチェックできない部分だからこそ、頭皮は絶対に診てもらった方がいいです!

実は私も病院で頭皮も見てもらった経験ってすごく少ないんです…。
20代の頃なんて一度も診てもらった事ありませんでした(笑)

きっと若さの勢いもあったんでしょうね!

白髪染めしたうえに髪の色も明るくしたいと我儘を言って、美容師さんを困らせた経験が何度もありました。

今は病院に行く度、髪の生え際や地肌に湿疹が出てないか、診てもらうようにしています。

あとは意外と見落としがちなのが、耳の裏ですね。
髪の生え際~耳裏は自分で分かりづらいやっかいな部分ですよ~!

美容室で白髪染めをする時のポイント

アトピーでも安心して白髪染めするポイント

  1. 薬を塗って湿疹がない状態にする
  2. 信頼できる美容師さんを見つける
  3. 地肌につきにくいカラーテクニックでお願いする
  4. 白髪染めでも髪色を明るくするならハイライト&ローライトが安心

 

1 薬をきちんと塗って地肌の状態を良好にしよう

樹里
樹里
やっぱり頭皮の状態が一番大事だよ

はかせ
はかせ
正しく薬をぬって肌の状態をよくしておけば白髪染めの刺激も少なくなります

何だかんだいってもアトピーには、薬が手放せません。
私は美容院で白髪染めする数日前から、頭皮~生え際に薬を塗って備えるようにしています。
アトピーの人はただでさえ肌が敏感だから、少しでも湿疹があると薬剤が染みて地肌がヒリヒリしませんか?

薬剤の刺激がそのまま頭皮のかゆみにもつながります。

樹里
樹里
この程度の軽い湿疹なら白髪染めしても平気でしょ~

私は勝手な自己判断で染めた結果、美容院の帰りに頭がかゆくてたまらなくなった経験が、何度かありました。

幸いにもすぐかゆみはすぐおさまったからよかったけど…。
同じことを毎回繰り返していたら、酷い炎症を起こしていたかもしれません。

でも薬を塗って肌の環境を整てから白髪染めすると、刺激もあまり感じることなくかゆみも出ませんでした!

2 信頼できる美容師さんを見つけよう

行きつけの美容室や指名している美容師さんはいますか?
髪の悩みや頭皮の状態を、カウンセリングしてもらうのはとても大事です。

ホットペッパービューティなどで、初回割引き出来るお店を渡り歩いたりしていませんか?

実は私の周りでも美容院をすぐに変えて、指名は一度もした経験がないという友達が意外と多いんです。
でも一度限りじゃ美容師さんとの信頼関係を築けないですよね。

それにプロといっても初対面では、その人が抱える髪の悩みや希望を、全てくみ取ることは出来ません。

樹里
樹里
施術を受ける側も美容師さんと打ち解けた方が色々話やすいもんね!

はかせ
はかせ
白髪染めで相談したい事がある時も、顔見知りの美容師さんの方が素直に気持ちを伝えやすいです

 

3 地肌に付きにくいカラー方法でお願いする


ヘアカラーといえば薬剤を頭皮にべったり塗られるイメージじゃないですか?

樹里
樹里
あの頭皮に張り付く感覚が苦手な人も多いんじゃないかな

はかせ
はかせ
アトピーのような敏感肌だと薬剤で地肌が覆われたまま15分~20分待つのも辛いですよね

でも、最近の白髪染めはかなり進化しています!

肌が弱い人でも負担なくカラー出来るように、頭皮に薬剤がつきにくい専用のブラシで、髪を染める技術があるんですよ。

私が行っている美容室では「テクニカルカラー」という名前です。
もしかしたらお店によって、呼び方は違うかもしれません。

美容室で白髪染めしたいけど肌が心配な方は、美容師さんにぜひ一度聞いてみてください。
私はテクニカルカラーに変えてから、白髪染めの負担がかなり減りました!

  • 地肌に液がつかないギリギリのところで塗れるから刺激が少ない
  • 頭皮全体を覆われているような窮屈さがない
  • 白髪が染まるまでの待ち時間が苦痛じゃなくなった
  • 通常のヘアカラーに比べて料金が少し高い
    私の行っている美容院:テクニカルカラー8,000円
  • 根本ギリギリで塗るから通常のカラーより白髪が早く目立ちやすい

 

4 ハイライト&ローライトでお洒落ヘアー

美容室で白髪染め出来たけど、髪の色が気に入らない事ってありませんか?
私はいつも髪が真っ黒になるのがすごく嫌でした!

そりゃ白髪が目だたなくなるのは嬉しいけど、何だか地味~になっちゃう…。

樹里
樹里
白髪染めだと髪色を明るく出来ないのがネックだよね

はかせ
はかせ
せっかくなら自然な茶色にしてお洒落感も演出したくないですか?

白髪染めで全体を染めた後に「ハイライト」&「ローライト」を入れると、一気にあか抜けてお洒落ヘアーになれますよ~!

出典:ホットペッパービューティ

ヘアカタログなどで、「ハイライト」や「ローライト」という言葉を目にしたことはありませんか?「ハイライト」というのは、髪の一部を明るくすること。「ローライト」とはその逆で、髪の一部を暗くすることをいいます。どちらも立体感を出すためのカラーリング手法のことです。「ハイライト」にはふんわりボリュームを感じさせたり、量が多く重めな髪を軽く見せるなどの効果があります。いっぽう「ローライト」には、カラーに深みや奥行きを出し、引き締まった印象に見せるという、とっても頼もしい効果があります♪

 

美容師さんに「白髪を染めつつも、髪色を明るくしてお洒落感を出したい」と相談したところ。
「ハイライト」「ローライト」をすすめられました!

樹里
樹里
でも白髪染めだけでも頭皮に負担かかってるのに…更に染めるなんて大丈夫なの?

はかせ
はかせ
髪の表面だけ(一部)染めるので、地肌に負担がかかる心配がありません

私自身もそうなのですが…アトピーを気にして、自分からお洒落を遠ざけてしまうところがあります。
でもヘアスタイルに少しの変化があるだけで、すごく気持ちが上がりますよ~。

ハイライト&ローライト料金:3,000円~
※私の行っている美容室の値段になります

 

アトピーでも美容室で白髪染めする時のポイント4選まとめ

男女問わず年齢と共に白髪は必ずといっていいほど、出てくる問題だと思います。
アトピーだと美容室で染めたくても、肌が弱いせいで足踏みしてしまう事があります。

だからといって市販のヘアカラーを使うのも怖いですよね。

この記事は同じように白髪染めで悩んでいるアトピーの方に向けてかきました。

紹介した方法はあくまでも、私個人の体験によるものです。
人によってアトピーは症状・原因も違うので、万人に当てはまるものではありません。

それでも悩みを解決する為のヒントになれば嬉しいです。

美容院で白髪染めするポイントまとめ

  1. 頭皮の湿疹をなくして良好な状態にする
  2. 信頼できる美容師さんを見つける
  3. 薬液が頭皮につかないように塗ってもらう(テクニカルカラー)
  4. ハイライト&ローライトでお洒落度アップ