試食販売

マネキンさんを悩ませるスーパーからのクレーム。対処法を知ればもう怖くない!

試食販売をしていると、色んなトラブルに見舞われる事があります。
その中でも一番ヒヤッとなるのが、クレーム関係じゃないでしょうか?

 

実を言うと私も1回だけスーパーから、派遣会社へクレームをもらった事があります。

その日は朝から色々とツイてない事ばかりで、お世話になる部門のマネージャーとの相性も最悪でした!
「あ~これはもしかしたらクレームくるかも…」
私の嫌な予感は見事に的中してしまい、派遣会社から後日クレームがきた旨を伝えられました。

スーパーからの理不尽な要求、苦情に悩むマネキンさんはきっと多いと思います。
でもそれらの原因と対処法を知れば、上手く乗り切る事が出来ますよ!

今回はマネキンさんへのクレームと対処法についてのお話です。

どんな内容のクレームがくるの?

試食販売でよくあるスーパーからのクレームの例。

・お客さんへの呼びこみが出来ていない、声が小さい
・担当者への挨拶がなかった
・ぼーっと立っているだけで積極的に試食を配っていない。
・しょっちゅう持ち場を離れている、又はその時間が長い

それでは順番に詳しく内容を説明していきます。

お客さんへの呼びかけが出来ていない、声が小さい

私が受けたクレームは、「お客さんを呼びこむ声が出ていない、小さい」でした。
これは自分でも反省すべき点だと思います。

元々大きな声を出すのが、すごく苦手な上に喉が弱いという欠点も…(;’∀’)
ただでさえ勤務時間が長いから、ずっと大きな声を張り上げていると、終わる頃には喉が痛くてたまらないんですよね。

でもそれでスーパーから注意された事もなかったし、他のマネキンさんも声の小さい人は沢山いました。
だから自然と気が緩んでしまっていて、それがクレームに繋がったのかもしれません。

きっと同じように、大きな声を出すのが苦手…というマネキンさんってすごく多いと思う。
でもそれが原因でクレームになるのも嫌なので、ちょっとした工夫をしています。

喉にかかる負担を考えると、常に大きな声で呼び込みをする必要はないと思います。
周りにあまりお客さんがいない時は出来る限り声を張って、今日は〇〇の試食をやっています!と、宣伝しましょう!
あとは社員らしき人や担当者が自分の近くを通ったり、品出しをしている時も声を出すようにするのがコツです。
お客さんや周りの状況を見て、上手くメリハリをつける事が大事です

担当者への挨拶がない

派遣会社の内勤さんから聞いた話ですが、意外にもこのクレームって多いらしいのです。
まぁ正直言えばこれは、どっちもどっちだと思う!

特に朝はスーパーも開店準備で忙しいから、肝心の担当者が見つからない事もある。

他の人に聞いても居場所が分からない場合は、仕方なくパートに販売商品を伝えて売り場を案内してもらいます。
それなのに、担当者であるはずの自分に挨拶がなかった!と、キレる人がいるんですよね~。
朝の「おはようございます」がなかったという理由で、クレームになるパターンもあるとの事。

でも挨拶がちゃんと出来てないマネキンさんがいるのも事実。
やはり第一印象ってとても大事なので、なるべくなら笑顔できちんと挨拶はしましょう。

一日の始まりは気持ちよくスタートさせたいものですよね!

ぼーっと立っているだけで積極的に試食を配っていない。

マネキンさんによって、試食の配り方にもそれぞれのスタイルが、あったりするんですよね。
でも試食をお盆に乗せもせず、やる気なさそうに突っ立ったままなのはNG!

お地蔵さんのように微動だにせず、お客さんが前を通った時だけ声かけをするマネキンさんを見た事があります。
自分から試食を渡す事もなく、顔もにこりともしなくて無表情のまま…。

さすがにあれは接客業としてまずいんじゃないの?
見ているこっちが心配になってしまったぐらいです…(苦笑)

スーパーの人は見てないようで、意外とみているんですよね。

なるべくなら試食は、お客さんへ手渡しする方が受け取ってもらえる率も高い。
少しの距離なら試食台から離れて直接、渡しに行くのでも大丈夫です。

そのぐらい積極性があると、あのマネキンさんは頑張っている。と好印象にもなりますね!

持ち場をしょっちゅう離れている、その時間が長い

これは私自身もすごく悩む問題の一つです。

試食品によっては、すぐ破棄しないといけなかったり、冷めたら温め直さないといけない場合もある。
調理の必要がないお菓子などでも、試食サイズに小さくカットしなければいけません。
その結果、ちょこちょこ売り場を離れる結果になってしまうんですよね~。

だからといって別にさぼっているわけじゃないし、作るのに手間のかかる試食品もあるんです。

それなのに、マネキンは常に持ち場から動かず、試食を配るのが当たり前というスーパーが多い!

試食品を作る為バックへ下がる度に、従業員からサボっていると陰口を叩かれた、という話も聞いた事があります。

もしスーパーの人から、持ち場を離れすぎじゃない?と注意されたら…。
ある程度の時間が経ったら破棄して作り直しの必要があるなど、離れる理由を伝えましょう!
ちゃんと説明すれば相手も分かってくれるはずです。
それでも理解してもらえなかったら、メーカーからの指示書を見せるのもアリ。
指示通り従っているだけなのに、文句をつけてくるなら会社へ連絡して相談しましょう。

スーパーからのクレームは、いじめに近いぐらい陰険!?

正直言ってスーパーは、マネキンに冷たい人が多いです。
ただの言いがかりや、ほとんど嫌がらせのようなクレームが大半なのも事実!
仕事のストレスをあと腐れのない、部外者であるマネキンで発散するという最低なやり方です。

自分のミスで多く仕入れてしまった商品が、売れなかったのをマネキンのせいにする担当者もいます。

試食販売に来たマネキンが何となく、気に入らなかったという理由だけで、文句を入れるスーパーもある。
もちろんそんなスーパーは一部とはいえ…残念な事ですよね。

お客さんよりも、スーパー側からのクレームの方が陰険だから怖い。
しかも全国で名の知れている、有名なスーパーほどその傾向が強いんですよ。

もしクレームに発展する恐れを感じたら…

f:id:ROUTE666:20180223192112j:plain

大事なのは小さな事でも派遣会社に連絡する事です。

メール、電話どちらでもいいので、担当者に何を言われたのかしっかり伝えておく。
先に会社へ言っておけば、後からクレームになったとしても事が大きくならずに済みますよ^^

「こんな事いちいち言ったらうざくないかな?」と気にしなくても大丈夫です!
むしろ報告・連絡・相談がしっかりできるマネキンさんは重宝されます。

私もスーパーからクレームが来た時、あらかじめ会社に連絡を入れていました。
先に言うのと後から言うのでは全然違います!

例えば仕事でミスした時に、知らないふりするよりも自分から先に言った方が、被害も小さく済みますよね。
派遣会社の人も先に事情を知っておけば、いざクレームが来た時に対応しやすいはずです。

実際に私はクレームをもらいましたが、会社からその件で何も怒られたりしませんでした!
その後も今まで通り、仕事を紹介してもらっています。

スーパーからのクレーム対処法まとめ

出来る事ならクレームは避けたいものですよね。
でも販売スペースを貸してもらうマネキンさんは、どうしても立場が弱くなってしまいます。

スーパー側とのほんのささいな行き違いや、ミスがクレームに繋がってしまう。

だからこそ派遣会社との報告・連絡・相談は本当に大事です!

もし担当者に文句、苦情など言われたら、1人で解決しようとせず派遣会社の指示を仰ぎましょう。
全てマネキンさんが背負う必要はないから大丈夫!

理不尽な文句をつけてくるようなスーパーは、ブラックリスト入りしてこっちから願い下げ!
真面目に仕事を頑張っていれば、よっぽどの事がない限りクレームは入らないですしね。

その為にマネキンさん自身も、仕事中の態度を改めて気を付けましょう。

・お客さんの呼び込みは、常に大きな声を出すよりも、状況を見てメリハリをつける
・担当者への挨拶は愛想よく笑顔で!第一印象はとても大事。
・試食品は積極的に手渡しでお客さんに配る
・売り場を離れて担当者から文句を言われたら、きちんと理由を伝える。

クレームなんかに負ける事なく笑顔で頑張りましょう!