コールセンター

美容業界はコールセンターも美意識が高い!女子力が低いとハブられる地獄の園

美容業界のお仕事といえば、美容師、エステ、美容部員など華やかなイメージ。
働いている方々を見ても、美人な人が多いのも特徴じゃないでしょうか?

お客さんに美しさを与えお仕事として、やっぱり働く側も見た目が重視されます。

 

でもそれって表舞台に立つ仕事だけで、コールセンターなら関係ないと思われがち…!
実は声だけの業務でも、美意識の高さが求められるんですよ~。

そうとは知らず、時給の高さに釣られて迷い込んだ私は、えらい目にあいました!

 

某有名エステのコールセンターで、働いた私の体験談をご紹介します。

業務内容は新規顧客の予約取り

コールセンターの業務は2種類あります。

・お客さんからの問い合わせを受信するオペレーター
・リストを元に自分から発信して、予約を取るテレホンアポインター

私が働いていたのは、自分から電話をかけるテレアポでした。
エステの知識以外に、予約を取る為の営業力も必要なのがキツかったですね。

「応募すると抽選で〇〇名様に、無料チケットが当たるキャンペーン実施中!」

よく雑誌や折り込みチラシで、こんなうたい文句の美容系広告を見かけませんか?
どこのエステ会社も「初回限定無料、お試し1000円」など、お得さを前面に押し出していますよね。
つまり初回だけ無料や割引きで、新規のお客さんを会得して、コースの契約に繋げたい狙いがある。

だから抽選なんて書いてあっても、実際は全員当選します!(笑)

当時の私はまだ二十歳ぐらいだったので、うわ~これが大人の世界か…と衝撃でした。

コールセンターは女の園

コールセンターは難しい技術職でない限り、女性が多い職場だと思います。

私が働いていたエステのテレアポも、まさに女の園。
年代的には20代~30代半ばぐらいの人が多かったかな。

コールセンターは扱う商品やサービスによって、働く人の年代やも変わってきます。
青汁、グルコサミンや年配向けの健康食品の通販だと、オペレーターも中高年が中心。
反対に化粧品、アパレル系だと、お洒落に興味ある若い年代が多くなる。

美容業界はまさに美を売りにしているので、コールセンターも美意識高い系女子の集まり!

ちなみに上司も自分は出来る女だと、言わんばかりのキャリアウーマンばかりでした…。
サラサラのロングヘアに、タイトスカートやパンツ、アクセサリーもじゃらじゃら。

コールセンターなのに、やたらお高くとまった女子が多かったです。

見た目でハブられる

当時の私はまだ若かったのもあり、お洒落やメイクが大好き!
コールセンターに、応募したキッカケは時給だったけど、エステ自体にも興味がありました。

でも次第にアポを取らなきゃいけないプレッシャーに精神がやられ始めます。
何しろ壁一面にアポをとった成績表が、グラフで張り出される…。
これによって、すぐ辞めてしまう人が多かったです。

私も精神面が肌に悪影響して、吹き出物や肌荒れを起こすように。(元々、敏感肌)

あとはやっぱり女だらけの人間関係にも疲れてきたんですよね~。
ストレスで体がかゆくなって、それを隠すために洋服もデザインより機能性を重視したり。

まぁそんなで結果的に、見た目がダサくなっていったんですね…!

すると周りの女子たちの態度がだんだん冷たくなってきました。

お昼の休憩時間が地獄

f:id:ROUTE666:20180505170837j:plain

私が働いていたコールセンターでは、お昼の休憩が二回に分かれていました。

12時~13時と、13時~14時の2パターン。
それぞれの決められた班ごとに、休憩をとるから仲のいい子とは別々になる事もしょっちゅう。

結果的に同じ時間帯で休憩をとる班が、集まってお昼を食べます。

女子力が下がり肌にコンプレックスがある私は、お洒落女子たちの会話に入れず…。

今思えば、何で外へ食べに出るなりしなかったんだろう?と思います。

だけど当時は一人で行動するのが恥ずかしかったし、その勇気もなかったんですよね~。
言ってみればまだ学生気分が、抜け切れていなかったという感じでしょうか。

とにかくあからさまに、無視されたのだけは強烈に今でも覚えています。

www.juriss666.com

 

美容業界は上司も美意識高い系

f:id:ROUTE666:20180505171040j:plain

今まで働いてきた仕事の中で、エステのコールセンターは上司が一番最悪でした。

可愛くて綺麗な子へのえこひいきが、はんぱじゃなかったです!
自分の美意識と対等な子しか認めない空気がありましたね~(笑)

少しでもダサかったり、可愛くない子への態度が、本当に冷たかったです。
自分より下だと思う相手を見下すのが恐ろしかった…。

きっとこれは美容業界ならではな気がします。

百貨店のコスメカウンターにいっても、似た空気を感じる時がよくありますね。
すっぴんであまりお洒落じゃないお客さんには、冷たい態度の美容部員を見かけます。

やはり美容業界に身を置くという事は、働く人自身もかなり意識が高いという事ですね。

美容系の仕事を選ぶ時の注意点

個人的な感想ですが、女性の職場の中でも美容系は特に、気の強い人が多い印象です!
管理職や上の立場へ行けばいくほどその傾向が強くなる。

まとめるとこんな感じです。

・自分の外見に対して強い自信を持っている
・美意識が高すぎて周りの女子を見下しがち
・女性が憧れる美を仕事としている事に優越感を持っている

コールセンターでも美容系の仕事は沢山あります。

業務内容を選ぶ際は自分が興味あったり、好きな商品やサービスがおすすめ!
コールセンターは研修も大変なので、少しでも好きな分野の方が仕事も楽しくできます。
職場の人間関係だけでなく、電話での対応は想像以上に精神的にも疲れますしね。

その為しっかりオンとオフを切り替えられるかも大事。

上でも触れたように美容系は、気の強い人もタイプが多めです。
だからあまり気が弱かったり、人の顔色を気にするタイプにはおすすめできません…。
むしろドンとこい!ぐらいのタフさがあるといいですね!

美容業界のコールセンターまとめ

基本的にコールセンターは、他のお仕事と比べてお給料がいいです。

私がエステのコールセンターでやっていたテレアポは、成績が時給にも反映されました。
予約を取ったお客さんがお店に来店して、コースを契約するとインセンティブが発生。
お給料面で考えると、結構おいしい仕事だと思います。

それでも辞める人が多くて最終的に残るのは、意識高い系の気が強い女子だけでしたね(笑)

コールセンターも取り扱う業務によって、働く人の特徴が変わるのだと勉強になりました。