小なし夫婦

夫婦円満の秘訣「亭主留守で元気がいい」は本当だった

恋人同士の時はラブラブでも、結婚するとなぜかケンカが増えませんか?

出会った頃のときめきはどこへら…もう今は顔も見たくない!
きっと心の中にはこんな本音が隠れていると思います(笑)

その大きな原因の一つとして、結婚すると自分の日常に相手が常に入り込んでくるから。

今まで見えなかった嫌な部分が、目に付くようになるんですよね。

 

我が家は結婚してもう6年になるので、お互いに相手の嫌な部分が見えまくりです!
だけど不思議な事に、ケンカは1年に1回あるかないかです。

その理由は、旦那の出張にありました。

亭主留守で元気がいい

きっと誰でも一度は聞いた事があるぐらい有名な言葉。

独身時代は、言葉の意味がいまいちピンとこなくて分からなかった。
でも結婚した今では、「亭主留守で元気がいい」を心から実感しています(笑)

この名言を語った人は、人間関係の本質をよく見抜いていますよね!

なぜなら、人と人が上手く付き合うには、適度な距離感が必要だからです。

出張で家を空ける夫

うちの夫は仕事柄、とても出張が多い。
結婚した時は入籍した初日から、約二か月も出張でいませんでした(笑)

私はずっと実家暮らしだったので、さすがに当時は寂しかったのを覚えています。
だっていきなり一人暮らしが、始まったようなものですから。

だから新婚当時は喧嘩しようにも、相手がいなかったんです。

その後も短くて数日、長くて一か月と、出張が一年の間で数回ありました。

我が家は子供もいないので、もちろん寂しい気持ちもあります。
だけど私は子供の頃から、自分の世界に没頭するのが好きなタイプ。

自分の趣味に専念していると、あっという間に時間が過ぎていきます。
それで家事がおそろかになったり、ご飯を作らなくても一人だから怒られない。

つまり結婚しているのに、独身時代と何も変わらない生活が送れるわけです。

出張があると適度な距離感を保てる

家の中で常に顔を合わせていると、どうしても相手の嫌な所が、目についちゃうんですよね。
それで注意しているうちにイライラして、ケンカへと発展する事って多いと思います!

だけど出張で夫が家にいないと、自分一人だからイラつく事もありません。
すごく穏やかな気持ちで過ごせます。

実はこれって私だけじゃなく、夫もなんですよね。

出張に行っている間は、家事を手伝わなくてもいいし、ゲームが好きなだけ出来る。
靴下を脱ぎっぱなしにしてもうるさく注意される事もないですしね!(笑)

まぁこれも一種の気分転換みたいな感じでしょうか。

相手に優しくなれる

毎日顔を合わせていると、夫が家にいる事が当たり前になる。

でも出張でしばらくいないと、少なからず寂しい気持ちが沸いてきます。

…元気にしてるかな?ご飯ちゃんと食べているかなぁ。
自然とこんな気持ちになってくるんですよね~。
だから出張から帰ってきた時は、夫に対して優しくなれます。

お互いに少しの期間、顔を合わせないだけでも、新鮮な気持ちになるから不思議。

いつだったか、週末婚が流行ったじゃないですか?

平日は別々に過ごして、週末は夫婦生活を過ごすというものです。

当時はまだ独身だったんで、週末婚なんてありえない!と思っていました。
まぁ若かったから結婚に対して、自分なりの理想があったんですよね~(笑)

でも今は、週末婚って意外といいんじゃない?と言えます。

それで夫婦がケンカする事なく、円満に過ごせるならハッピー!
無理に一緒にいようとするから、上手くいかないんじゃないかとも思うんです。

一番の問題は定年を迎えた後

f:id:ROUTE666:20180607165948j:plain

結婚生活ってどちらかが亡くなるまで一生続いていく。

普通に考えると何十年という果てしない年月。
それを思えば、ずっと一緒にいるより、一人の時間を持つ事はすごく大事だと思う。

だって夫が定年を迎えた後は、仕事がないからずっと家にいるんですよ。

今は長生きの時代だから、定年後一緒に過ごす時間も長いですよね。
熟年離婚が増えている理由も、何となくわかる気がします…。

夫婦円満の秘訣まとめ

結婚前は出張が多いなんて、寂しいから嫌だなぁという気持ちがありました。
周りの友達からも、毎日家に帰ってくる仕事の人にしたら?と言われたり。

でも既婚の人からは、出張があるなんて最高じゃない!との声が多かったんですよね(笑)
自分も結婚してやっと、その意味が分かりました。

夫婦円満の秘訣はまさに、「亭主留守で元気がいい」です!